menu1menu2menu3menu4

おせっかい

2014-06-18

「昔からおせっかいだよな、お前」
「そういわないの、大丈夫あたしが何とかしてやるから」
幼馴染の彼に好きな人ができたのですが、内気な彼はまったく
オーラがなく、彼女にアピールすることすらできていませんでした。
多分彼女は彼の気持には気付いていないでしょう。
なんだか見ててイライラしてしまうんです。
彼はこんなに好きなのに、どうして?って・・・
私が二人の中をとりもってあげようと、色々してみましたが
彼女には彼氏がいました。
これはどうしようもないことだ・・・
「ごめん、彼氏いた。」「そんな感じはしてたさ、だからおせっかいは
辞めとけばよかったのに、俺は見てるだけで十分だから」
なんでこんなに控えめなんでしょうか。
「ねえ、彼女を抱きたいとか思わないの?」
「思う・・」
「じゃあ、奪ってエッチしちゃえば?」
彼は黙ってしまいました。もてない彼が不憫に思ってしまい
つい彼にキスしてしまいました。
驚いて私の顔を無言で見る彼に、もう一度キスしました。
「あたし彼氏いないからエッチしてもいいよ」
「心の準備ができてないよ」
幼馴染ですが、私は彼になら抱かれてもいいと思いました。
その日はキスだけで終わってしまいましたが
しばらくしてから私たちは彼の部屋でエッチをしました。
はじめからこういう関係になってれば・・・何の問題もなかったんです。

Copyright(c) 2014 乱こうパーティー掲示板-perbacco- All Rights Reserved.