menu1menu2menu3menu4

Archive for the ‘日記’ Category

手に入らない

2014-06-26

不倫って、結局ほんとうに幸せにはならないし・・・悪くいえば
ただセフレが結婚しているだけのことのような感じがしました。
だって、会えば必ずセックスして・・・
それだけの時もあります。
時間が思うように取れない彼は、いつも「ごめんな。」と
いうばかり・・・
ずっといっしょにいられるわけでもなく、最終的には
手に入るってこともなく。ただ彼の性の捌け口にしかないんです。
そう思うようになってから、彼との連絡をあまりしなくなった私。
毎日彼からメールがきましたが、
適当に返すときもあれば、無視しているときもありました。
会おうというメールにも返信はしませんでした。
そんなアル日、いきなりわたしの家に来た彼。
「どうして避けるんだ?」
「だって、貴方は結局私の物にならないでしょ?だから・・・
もう潮時なんだよ。」
そう私が言った瞬間、ものすごい勢いでキスをしてきて
そのまま玄関先に押し倒されてしまいました。
今まで我慢していた気持ちが一気に出てしまったんです。彼の抱擁で・・・
そのまま堅い床の上で久しぶりのエッチ。「愛してる、好きだ・・
放したくない。」彼の口から今まできいたことは無い言葉。
激しく動く彼に、私はすぐいかされてしまいました。
床には大量のお汁が垂れていました。

激しくなりつつ

2014-06-24

男がいない私・・・かれこれ3年はいないですね。
それに伴い、オナニーが徐々に激しくなりつつあるのが
最近悩みではあるんです。
最初の頃は、元カレを思い出して月に数回ほどしかしていませんでしたが
月日が経つにつれて、どんどん性欲が強くなっていきました。
セックスする相手がいないということが、変にストレスに
なっていたんです。
悶々となった気持ちを自制できずに・・・
陰部に指を入れては、ひとり虚しくあえぐ。
そしてそのあと、後悔したりして。
また、休日掃除をしていると妙に掃除機の柄が気持ちよさそうに見えて
きて、それを陰部にこすり付けてオナニーを始めてしまうんです。
指だけでは、全然いかなくなってしまったら、今度は
通販でエッチな道具を購入したりして。
こんな寂しい女がどこにいるでしょうか・・・
セックスする相手を、出会い系などで探すことも考えましたが
やはり怖いという気持ちが先にでてしまうんです。
見知らぬ人と不安なままセックスをするくらいなら、
自分で道具をかって気持ちよくなったほうがいいと思いました。
こうして私のオナニー生活は、どこまでも激しく
なっていくんどえす。
今は、ベッドの手すりに陰部をこすりつけて
ローターをクリにあてながら腰を動かしつづけることが
快感になっています。

狭くても

2014-06-22

「俺はそのままでいいよ、そのままのほうがいいな。」
「でも、ここでするの?せまいよ。
「たまにはこういうところでするのもいいだろ?」
「じゃあ、服につけないでね。ちゃんと出してよ。」
出かけたあと、彼の家に泊まることになっているにも
かかわらず、部屋にはいる前に彼は車内でしようといってきました。
彼の家の近くには河川敷があります。そこに車をとめました。
「誰もこない?」
「記憶をたどるかぎり、こんな夜遅くには人は通らないと
思うよ。」
「ほんと?なんか落ち着かないな・・・」
まだ心の準備ができていない私の体を、どんどん攻めてくる彼。
シートを倒されてスカートをめくられ、下着の上から陰部を
指でこすられているうちに、気持ちよくなっていきました。
目をあけると、窓から空がみえました。
ドキドキしながら愛撫を受けて・・・
「後ろに移動しようか」
狭い中移動して、私が上になりました。
「動いていいよ、気持ちいいように。」
抱っこされ、狭さは感じませんでしたが、椅子の角度がいいのでしょうか。
かなり奥までペニスがあたってすごく気持ちよかった。
陰部をこすりつけながら、ヒクヒクしていました。
イク・・・いっちゃう。と車内であえぎまくってしまいました。

久しぶり

2014-06-20

近所に住んでいた少年・・・
子供のころはよく遊んでいましたが、いつの間にか引越しをしていて
消えていました。
そして私もはれて社会人。意気揚々と職場に通っていました。
毎日新しいことの連続で、疲れてはいましたが
生きているっていう実感を感じていたんです。
そして、その日彼と会ったんです。
10年以上の再会でした。彼は私のことに気付きましたが
私は思い出すのに時間がかかりました。
「面影あるな、すぐわかったよ。」
「ごめんあたしは時間がかかった。」
久しぶりにみた彼は、やたらと背が高くなっていて
いいおとこになっていました。
体も昔とは違ってがっちりしていました。
すっかり目がハートになってしまったわたし。
それ以来彼と週に何度か会うようになって、昔の話をしたり・・・
「彼氏いないなら、俺のこと考えてくれないかな。」
その言葉が嬉しくてたまりませんでした。
ここまでくると、私からしてもいいかなと思い彼にキス。
そしてそのままエッチをしました。
大きな体で私のからだを包み込むように抱いてくれて、感じました。
体を愛撫する指も心地よく感じました。
そして・・中に入った彼を感じながら、何度もイク私でした。
何度ねだっても答えてくれる彼が大好きです。

開放感

2014-06-19

どうして夏って開放感に溢れるのでしょうか・・・
その年の夏休み、私は初めて外でセックスを経験しました。
彼に誘われて山にいったのです。
「海もいいけど、あそこまでいけばかなり涼しく感じるって
連れがいってたんだよ。いってみようよ。」
「いいよ、そこって何があるの?}
「とくに何もないと思うけど、しいていえば森かな?」
何もなくても彼と一緒なら楽しく感じられると思いました。
それにその場所は初めて彼といくところ。
またひとつ思い出ができると・・・
2時間近く車を走らせついた場所。
ほんと、何もなくて。でも静けさの中下界よりも涼しく
感じました。
「なんだか空気が気持ちいいね。」
「だろ?やっぱり涼しくかんじるな。」
車をとめて、少し森の中へと歩いていきました。
手を繋いでいた彼の手が私の腰へと回され・・彼の方をみると
軽くキスしてきました。
言葉は何もありませんでしたが、なんとなくそういう雰囲気になり
気にもたれかかった私の陰部に彼は顔を近づけてクンニ。
気持ちよさで声をだしたら、なんだか響くんです。
まったくいつもとは違うシチュエーションに興奮しました。
後ろから攻められて・・たまに鳥の声が聞こえたりして。
体中からお汁が溢れだしているような気持ちでした。

OLのニ-ズにマッチしよう

2014-02-19

OLという立場上、平日昼間は職場に拘束状態で仕事に追われ、また中には忙しいフリが忙しく(?)、
出会いの機会がそうそう身近に転がっているとは言えません。
また最近の風潮として、オフィスラブを面倒臭いと捉えるOLも増加傾向を見せており、
会社内での出会いはハナから眼中に無く、それ以外の場所での出会いに絞って模索しているOLも目立って来ています。

ですが平日は職場と自宅の往復で1日が過ぎ、休日も自身の体力回復優先というライフスタイルも当たり前となっていて、
結果出会いのチャンス自体と縁遠い生活となっている感も否めず、そうしたOL達が縋る最後の砦が「出会い系サイト」なのです。

OLは自らが出会いたい男性に対し、余裕、落ち着き、包容力を求める傾向が顕著ですから、
学生時代にガツガツ感を自身のウリとしていた男の子を好んでいた頃とは大きく嗜好が変化していると言えるのです。
OLが男性に求めるのは、落ち着いた雰囲気の中、じっくり自分の話に耳を傾けて貰う事だと踏まえておきましょう。

こうしたタイプの男性であれば、OLも積極的に近づいて来るので、相手のニ-ズにマッチした男性を演じる技量も求められるのです。
これらのニ-ズが自身に不足していると自覚している男性であれば、まずは自分磨きから着手すべきかも知れませんネ。

Copyright(c) 2014 乱こうパーティー掲示板-perbacco- All Rights Reserved.