menu1menu2menu3menu4

1月, 2014年

一回きりだったみたいです

2014-01-30

その昔友人にうまい具合にセフレをゲットできた話を聞いたことがあります。
彼のことですからどこまで本当なのかわかりませんが……。
ある日、彼の会社に新しい機器を使って見て欲しいという申し出があったそうなんです。いわゆる売り込みの営業ですよね。
いつもなら適当にやり過ごすのですが、その子がとんでもなく美人だったから話だけは聞いてやろうと思ったらしいです。
美人は眺めてるだけでも楽しいですからね。
さっそく二人っきりになれるようにわざわざ会議室に通したそうです。
話を聞きながら、彼はいろいろな妄想をしていたと思います。
あろうことは営業にきていた子もまんざらでもなかったみたいで、なんとなく彼はこれならいけると思ったらしいです。
下心満載で、今夜はこれからどうするの的なことを聞くと、
特に用事はないということでもう少し話をききたいから今夜飲みにいかないかと誘ったそうです。
返事はあっさりオーケーでした。
ということは、おのずと答えはでたようなものですよね。
そのままその夜にホテルに行ったそうですよ。
ただ、あまり身体の相性がよくなかったのか結局その一回きりだったみたいですけど、とびきりの美人と一夜を共にできたことは彼の一生の思い出だと思います。
しかし本当にそんなウマイ話ってあるんですかね。彼の妄想じゃなければいいのですが。

チャンスは一年中ある

2014-01-30

セフレゲットに適した時期というものはあるのでしょうか?
私はチャンスは一年中あると考えています。
夏は誰もが開放的な気分になりますから、勢いでセフレをゲットできそうです。
着ている服も薄いですから、肌と肌が触れ合うことで異性を意識しやすいです。
そして、夏といえばイベントが目城押しです。気分が盛り上がっているといっちゃえ感が強まりますから、チャンスですね。いろんなところにでかけましょう。
春は新しいスタートを切る時期ですね。いろんなことをリセットして新しい自分に生まれ変わるために、なにか今までと違うことをしたいと思っている人は多そうです。この人と一緒にいれば新しい経験ができそうという人に人気があつまりそうです。
秋は少し哀愁漂いますね。夏が終わって、人恋しくなりやすいじきかもしれません。ほっとできる相手が欲しくなりそうです。包容力のある人は出番ですね。
冬は、人肌恋しくなる時期ですね。ただ一緒にいて身体を温めあいたいと思う人が増えそうです。一晩中でも愛し合える人が増えそうです。
みなさんそれぞれ得意な季節があると思います。好きな季節にセフレを探すとうまく行きやすいかもしれないですね。季節に合わせたアプローチ方法もあると思うので、それぞれ研究してみてください。

一番の予防策

2014-01-30

エッチなことが大好きという女の子もいると思います。男性にとっては嬉しい存在ですね。そんな女の子と出会えたら大切にしてあげて欲しいです。
たくさん愛してあげることも大切ですが、避妊を気をつけて上げて欲しいです。
コンドームを付けるのが面倒だからといって安全日だから大丈夫だよね、とか、中には出さなければ平気だよねということを繰り返しているといつかしっぺ返しをくらいます。
お互い既婚かどうかによっても問題は複雑化していきます。
大人の関係ですから、世間的には許されないことでもお互いが納得した上関係をもつのはかまいませんが、なにか問題が起きたときも責任はとるようにしたいものです。おいしいところだけ頂くのはフェアではありません。
最悪の場合、妊娠ということなのですが堕胎は女性の身体に負担がかかるので、避妊をきちんとすることが一番の予防策だと思います。快楽に溺れすぎないように注意してください。くれぐれも無理はしないでくださいね。

そう考えてみれば

2014-01-30

男と女がいて、子孫を残すことができます。セックスも共同作業です。お互い気持ちよくできるのがベストなのですが、男性本位なセックスが多いのが現実だと思います。男性と女性では、気持よさの感度が違います。一般的に男性は射精をすると一気に性欲はなくなり、女性は余韻が残っています。
前戯と後戯があって女性はセックスに満足しますが、男性は身体の仕組み的に違うようですね。そして、男性は自分の子供を残したいという欲求があるため女性をみると発情するという特性も持ちあわせています。しかし、日本の法律では一夫一婦制なので複数の女性と関係を持つ場合それは法律違反、または女性に対する裏切り行為となります。
人間の本能に逆らった社会システムの中生きていく男性も大変なのですね。そう考えてみれば、セフレを募集する男性が多いのもうなずけることなのです。ただ、もう少し上手に女性を満足させることができるようになれば、セフレになってもいいという女性は増えるのではないかなと思います。

ショックは大きいです

2014-01-30

遊びのつもりが本気になってしまったということもありますね。
セフレから彼女に昇格というにはうれしい話かもしれませんが、恋人から恋人解消されてしまった方がたまりません。
浮気していたことすら知らなかったショックは大きいです。
男性が上手に浮気していたのか、女性が彼氏の変化を見抜けなかった結果なのか。どちらにしても、別れを切り出されたほうは心中穏やかではいられません。
こんなことなら自分も浮気しておけばよかったと思うかもしれませんし。
次はもっといい人を見つけたやると誓うかもしれません。しかし、セフレから恋人になった人もそうそう安心してはいられません。なぜなら、男性はまた同じことを繰り返すかもしれないからです。
だったら、セフレのままのほうが気が楽ってものです。
だから、一人になったからって悲しむことはありません。時間がたてば、セフレから彼女になった人も自分と同じ目にあう確率は高いのですから。
そんなことより、同じ男に二度と引っかからないようにするほうが幸福への近道だと思います。

Copyright(c) 2014 乱こうパーティー掲示板-perbacco- All Rights Reserved.